UVicでB.Comを専攻し、今はDowntownの某社にてせこせこと日々まじめに働く夜更かし厳禁番長。すっかり生活変わりました、はい。


by mori_mori_108
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

Vic-stormy-a

Let it snow! This time it could blow out the minds of Victorians!

先月末は大変な大雪に見舞われたビクトリア。今年の冬は意外な出来事が多発(?)。
今朝の出来事はとっても印象的だった。朝目を覚ます。自然とトイレへと向かう。この時点までは別に異常なことには気づいていない。しかし、トイレの灯りをつけようとした、次の瞬間、異常に気づく。いやはや、電気がつかない。トイレだけではない。どこの電気もつかない。ヒーターが切れているのか、少し肌寒い部屋。そして、電気がひとつもついていないので、かなり薄暗い部屋。朝なのになぁ。冬のビクトリアは朝があけるのがやや遅い。今日は8時ぐらいになってようやく辺りが明るみ始めた。窓から外をのぞくと、どうやら自分の住んでいるアパートのある通りの周辺に影響があったみたいで、ちょっと先にあるアパートの窓からはこうこうと灯りがともる景色が見えた。あれれっ、ビクトリアに住んで早5年。今まで停電の話はちらほらきいたものの、これが実際に体験する初めての機会。(いやいや、これが最後の機会であることを祈る)

寒さはどうにかしのげるものの、いざ電気がつかないとなると痛い。とりあえず、急遽蝋燭を使うことでなんとか朝をしのぐことに。部屋の中ではこの蝋燭の明かりと外から入ってくるお日様の明かりのおかげで、なんとか生活ができる状態。アパート全体が影響を受けているため、階段やそこまでにつづく廊下は真っ暗。そとにでるのも一苦労。こういうときになるといざっていう時のことをひたすら頭で考えるもの。とりあえず緊急用に携帯ランプを購入することまでは心の中で整理ができた。

アパート内は寒い暗い電気がないの環境。とりあえず、外にでて、状態がもどるまでのんびりとすごすことに。電気がもどるのは時間の問題だろうと、案外気楽な気持ちでDowntown、学校をぶらぶらし、再びアパートへ。状況は良好らしく、Entranceにある大きなシャンデリアにこうこうと灯りがともっていた。これはもしやと、さっそく部屋へ帰り、電気をチェック。パっと照らす明るい光。いやはや、ふたたび取り戻した文明改革。さっそくそんな出来事を電気食い虫のパソコンに向かってブログしているわけです。

<後書き>
ネットで調べてわかったのは、ビクトリア一帯は昨晩激しいWindstormに見舞われたらしいです。この影響でおよそ20万軒の家庭で停電が発生。結構な緊急事態だったらしいです。そうとも知らず、今日の天気は青空がのぞくBC晴れ。激しい風のおかげでいままで辺りを牛耳っていた雲たちもすっかり退散した模様。終わりよければすべてよしですかね。





b0013796_742493.jpg朝はこんな感じで結構穏やかでしたがね。

b0013796_7435156.jpgお昼ぐらいになると結構な量の雪に成長!

b0013796_7444153.jpgベランダではつららも発生して、いったいここはどこなんだろうかと悩み始める・・・

b0013796_7453033.jpgこれぐらい積もってます。ベランダの端にこれだけ積もるっていうのはそうとうかと・・・

b0013796_7463054.jpg電線に縛りつくっていうのはそうとうかと・・・

b0013796_747259.jpg結構ばっさりと大きな枝が道端に倒れているのは、やっぱりそうとうかと・・・

b0013796_748733.jpgDowntownにある某Barの店先に飾られている花の哀れなお姿・・・やっぱりそうとうな雪でしたね。

[PR]
by mori_mori_108 | 2006-12-16 07:40 | 生活もの